2020-10-03

なかなか描く機会が少ないのでサビ猫を描いてみました。
どんな柄の猫も大好きですが、サビ柄って本当に不思議な柄だなと思います。じっと観察してしまう。可愛い。漫画で描くのは結構難しいんですが。

2020-07-11

もともと40Pは超えないように、できれば32Pくらいでと思っていたので、部長が猫の本能に翻弄されるシーンは本当はもうちょっと入れたかったけど諦めてしまった。そこを引っ張っても楽しいのは本間だけでは…と思いつつ、でももうちょっと描きたかったかも。

2020-07-08

読み切り、更新しました。今回はサイトを他より少しだけ早めに更新してみました。

部長、猫になる

本当は少しずつ描きながらTwitterで更新して、最後まで更新が終わったらサイトを更新しようかと思っていたのですが、結局面倒になってTwitterもサイトも全部書き上げてから一気に更新することにしました。

Twitterで4Pずつ更新することを念頭に描いていたので、ペース調整用のページを足したりしているうちに36Pと少し長めになりましたが、楽しんで頂けると嬉しいです。

2020-06-06

気を抜くとTwitterすら更新しなくなってしまうので、ある程度漫画(4コマ)をストックしておいて、1ヶ月くらいかけてちょっとずつ更新しようかなと思います。もうストーリーは最後まで決まっているので、あとは毎日隙間時間にコツコツ描くだけなんですが、いつ頃から出せるかな…。サイトには完成後にまとめて載せようと思いますので、先に読みたい方は気が向いたときにTwitterを確認してみてください。
また猫かって感じの話ですが、疲れているときに猫の資料写真を見たりしていると癒やされるので、結局また猫を描いてしまう。あとは猫と一緒に暮らしたいけれど難しい現状からの現実逃避みたいなことも含まれています。猫は可愛い。

液タブ立てる派

毎年「もう少しブログも書きたい」と言いながら、全然書けていない。でもよく考えれば、Twitterと違って誰かのタイムラインを埋めるわけではないので、もう少し気楽に、ほどほど自由に、更新したいものです。
なのでたまにはどうでもいい話。
自分の好きなErgoDox EZのこととかちょっとだけ、書いてみたい。

いつもSAI2で漫画を描いていますが、なるべく効率を上げるには左手デバイスが欠かせないです。鉛筆・消しゴム・描き文字ペン・トーン削りペンみたいな感じでなるべく素早く切り替えたい。
以前はRazer Tartarus Chromaを使っていましたが、使用するツールやショートカットキーが増えたため、キー数が全然足りなくなってしまいました。
そこで買い換えの時、何を買うのか数ヶ月悩み、結果ErgoDox EZを買いました。選んだポイントは下記の通り。

  • キー数多め
  • 格子配列
  • 親指まわりにもキーがある
  • レイヤー機能がある
  • マクロが組める
  • 数年後も入手しやすそう
  • 自作する時間が無いので既製品

部分的に条件を満たすものは結構あったのですが、親指にやさしいキー配列と、数年後も入手できるかどうかという点で結局ErgoDox EZを選択。自作できればもっと他の選択肢もあったのですが。
妙にゴツいけれど、液タブの両脇に鎮座している姿は可愛いです。選ぶポイントに最初は入っていなかったものの、右側も存在していて、左手デバイスとしてだけでなく通常のキーボードとして利用できるというのも良いところです。
でもお値段は可愛くない。結構なお値段なので、購入を決心するまで時間がかかりました。

ErgoDox EZに限りませんが、気に入った道具があると気分があがります。道具が漫画を描いてくれるわけではないですが、気分があがらないと漫画を描くのはなかなかに大変なので。

2020-05-26

あれやこれやに終われているうちに、コロナもある程度収束の方向に向かいつつあるようです。
スーパーに日用品を買いに行く頻度が下がった以外は、それほど以前と変わらない生活を送っていましたが、マスクだけはどうにも慣れません。
今年も猛暑みたいですが、耐えられるだろうか……。

2020-04-07

猫田 VS リモートワーク

時間が無くて更新が止まっていますが、気長にお待ち頂けると嬉しいです…。

2019-11-23


最近急に寒くなってしまって、もうすっかり冬の入り口という感じ。